特定施設水道連結型
スプリンクラー設備

特定施設水道連結型スプリンクラー設備は、初期の火災にすばやく作動、散水して、住んでいる人が安全な場所に逃げることができるように、
そして火災による財産の損失を最小限に抑えるための設備です。大切な命を守るためにも、充実した防災設備を備えてください。

特定施設水道連結型スプリンクラー設備の特長

  1. 特長01

    サーキット配管で
    停滞水防止と圧力損失低減

    ヤマトプロテックでは、水道連結時に大きな問題となる圧力損失 の高さを克服するため、独自のサーキット配管工法を提案。停滞水の防止と配管の圧力損失低減を両立します。

  2. 特長02

    高性能な散水能力

    スプリンクラーヘッドは約68゜Cで散水を始め、ひとつのヘッドの 有効散水半径は2.6mで有効防護範囲は13m2です。 1分あたりの放水量は約15リットルまたは、30リットルです。

  3. 特長03

    水道配管直結なので、
    停電時にも作動します

    水道直結式なので停電時にも確実に作動し、機能を維持します。

特定施設水道連結型スプリンクラー設備の構成例

特定施設水道連結型スプリンクラー設備の構成例

関連情報

特定施設水道連結型スプリンクラー設備の製品

さらに表示する

消火設備一覧に戻る

CONTACT

お見積もり、ご提案依頼・ご相談など
お待ちしております。

ご依頼・ご相談はこちら